FC2ブログ

デザイナーぱりおのBLOG日和

 日々の雑記と、ときどきPARIS

猫が行方不明 

 

PARIS11区を舞台にした映画

猫が行方不明



猫が行方不明 HDニューマスター版 [DVD]猫が行方不明 HDニューマスター版 [DVD]
(2010/03/27)
ギャランス・クラヴェル、ジヌディーヌ・スアレム 他

商品詳細を見る



なんともチャーミングなお話です。

久しぶりの休暇を楽しむため
飼い猫のグリグリを預かってほしい
主人公のクロエちゃん。

同居人にも、友達にも断られ
やっと紹介された猫好きのマダム・ルネと
無事、話がついてバカンスへ・・

でも、帰ってみるとグリグリが行方不明に!

猫さがしの号令はマダム・ルネからおばあちゃんネットワークに広がり
界隈のお店の常連から常連へ・・
猫の一件は皆に知れ渡る・・・

今まで接点のなかったひとたちと
ぎこちなく、やりとりをしながら
だんだん変わってゆくクロエの日常。
おせっかいにウンザリしたり、あたたかさにグッときたり
ラストで見せる、ちょっと晴れやかな彼女の表情に
こちらまで笑顔になります 

たくさんのご近所さんたちが出演しますが
誰が俳優で、誰がエキストラなのか
わからないほど、自然でありのまま。
監督が私的にカメラをまわしたような、そんな空気を纏った映画です。



この世界を垣間見たくて
バスティーユの先まで歩いてみました。


pause.jpg

映画にも登場するランドマーク
Pause Café 

映画が作られた頃とは少し雰囲気が変わったようですが
地元常連さんたちのお気に入りであることは
変わらないのでしょうね 


category: ART / CINEMA / BOOK

tb: 0   cm: 0

△top

フェルメールからのラブレター展 

 

フェルメールからのラブレター展

東京・渋谷の Bunkamura ザ・ミュージアムで
3月14日(水)まで開催されています。

行こうと思いつつ、こんなギリギリ、もうすぐ終了の頃
本日やっと行くことができました。


RIMG0014.jpg


まとまって3作品も見られる機会は
なかなか無いので、やはり混んでいましたねえ・・・

特に今回は日本初公開の 「 手紙を読む青衣の女 」 が話題になっていますし。
ワタシも是非是非
修復されたラピスラズリの色を見たい!




RIMG0017 (2)

それは・・想像よりもずっと
優しくやわらかいブルーでした。
きれい・・・




おみやげも、つい買ってしまいました


限定切手(郵便局では売っておりませ~ん)

RIMG0018 (2)


チョコレートBOX。

RIMG0016 (3)




category: ART / CINEMA / BOOK

tb: 0   cm: 0

△top

大エルミタージュ美術館展 

 

六本木の国立新美術館で開催中の
大エルミタージュ美術館展に行ってきました。


マティスの 「 赤い部屋 」 
 
赤い部屋


やっぱり、好きだなあ…マティス


シャルダンの小品もありました。 
いいわぁ・・・

Jean-Baptiste_SimC3A9on_Chardin_019.jpg

「 洗濯する女 」


category: ART / CINEMA / BOOK

tb: 0   cm: 0

△top

Chardin展 

 

東京・丸の内 三菱一号館美術館にて
9月8日~2013年1月6日まで開かれている 
シャルダン展 - 静寂の巨匠に行ってきました。

RIMG0465.jpg


Jean Siméon Chardin は18世紀フランスを代表する画家。
華やかなロココ様式が盛んな時代にあって
日常のつつましい生活を描写した彼の画業は
後世のミレー、マネ、セザンヌ、マチス・・など多くの画家に影響を与え
近代的レアリスムの先駆けと言われています。


RIMG0450 - コピー


静謐、そして厳粛。
シャルダンの絵に対峙すると、静かな気持ちになりながらも
対象を見つめていた彼の視線が憑依してくるかのような感覚に
少しだけ緊張します。
それは、とても貴重な体験。
贅沢な時間を堪能いたしました・・・

日本では初めての個展です。
( この美術館、いつも空いているのです ゆっくり観られます。是非! )



category: ART / CINEMA / BOOK

tb: 0   cm: 0

△top

無伴奏 「シャコンヌ 」 

 


PARISのメトロ構内で
いろいろな音楽が聞こえてくるのを体験した人は多いだろう。
陽気なドラム
悲しげなトランペット
ゴスペルの歌声・・

そして
心の奥を揺さぶるようなヴァイオリンの響き。

そんな場面に出会うと、決まって思い出す映画がある。


1994年 フランス・ベルギー・ドイツ合作 「無伴奏・シャコンヌ」

RIMG0414 - コピー


商業主義を嫌い、華やかな舞台を離れて
メトロの片隅で自分の芸術を
ひたすら追い求めるヴァイオリニストの物語。

行きかう人々や、ホームレス
暗く淀んだ地下空間で
孤独と絶望を抱えた魂が
崇高なヴァイオリンの音色によって
光の世界に導かれようとする・・・

そんな映画なのだ。

RIMG0415 - コピー


主演俳優さんの演奏は、いわゆる「あてぶり」なのだが
見事すぎて本当に孤高の芸術家にしか見えない。

実際に弾いているのは、世界的なヴァイオリニストの
ギドン・クレメール氏だ。

ラスト15分の、バッハ「 無伴奏シャコンヌ 」の全演奏を
もう一度聞きたい!

そう・・・この映画はDVDになっていない。
中古のビデオも数少なく、とても高価だ・・

素敵な作品なのだが・・残念だなあ。



category: ART / CINEMA / BOOK

tb: 0   cm: 0

△top