FC2ブログ

デザイナーぱりおのBLOG日和

 日々の雑記と、ときどきPARIS

ブラッドベリと萩尾望都 

 

おととい、ブラッドベリについて書きましたが
実は彼を好きになったキッカケは
本といえば本ですが・・・漫画なのであります。

萩尾望都さんの。

「ウは宇宙船のウ」


ウは宇宙船のウ (小学館文庫)ウは宇宙船のウ (小学館文庫)
(1997/08)
萩尾 望都

商品詳細を見る



かのトリュフォーが映画にした程
ブラッドベリの作品は、スペーシーで硬質なSFではなく
もの悲しくて美しい「物語」。

そして、萩尾さんといえば
「ポーの一族」
「11人いる!」
「トーマの心臓」
・・・などの名作をお書きになられた方です


このふたりのコラボが素晴らしすぎて!
萩尾さんの繊細なタッチが
ブラッドベリの世界にあまりにもぴったりで
すっかり魅了されたのでした・・


ここまで書いていたら、無性に萩尾作品が読みたくなってきましたねえ。
今夜、本棚から出そうと思うのは・・

「訪問者」

訪問者 (小学館文庫)訪問者 (小学館文庫)
(1995/08)
萩尾 望都

商品詳細を見る

「トーマの心臓」の番外編で、大好きなお話です。
もう、号泣します・・




category: ART / CINEMA / BOOK

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://madeleineplaza.blog.fc2.com/tb.php/51-e9a6c281
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top