FC2ブログ

デザイナーぱりおのBLOG日和

 日々の雑記と、ときどきPARIS

Happy New Year !  

 

2013年になりました!
今年の干支はヘビさんですね。
ヘビは治癒と再生のシンボルだそうです
さあ!ワタシも脱皮するわよ~


と、決意して・・


寝正月よ、さようなら・・・
明日から、また早起きの日々。
始動~!!!


RIMG0503.jpg


よい年になりますように・・・


category: ごあいさつ

tb: 0   cm: 0

△top

雪が降っています。 

 

雨の音がしなくなったな・・・と思ったら
いつのまにか雪に変わっていました。
気が付くと、もう一面真っ白

雪

静かな休日です。



category: 未分類、いろいろ雑記

tb: 0   cm: 0

△top

PARISでチョットうれしかったこと 

 

PARISにはたくさんのホテルがあって
どこが良いのかホントに迷います・・・

限られた時間を有効に使える利便性
快適で安全な居住性
リーズナブルなお値段 などなど

譲れない条件で絞り込んだ結果
いくつかの体験を経て、やっとお気に入りのお宿が見つかりました。

ここ4年くらい常宿にしている某プチホテル
昨年4月の滞在時。
2泊目の夜 お部屋に戻ると・・・


RIMG0092.jpg

フロントからメッセージ&チョコレートが
こんなの初めてだったので
と~っても嬉しかったわ

また泊まりに行くね~♪


category: PARIS街歩きetc・・・

tb: 0   cm: 2

△top

テロ報道を見ながら思うこと 

 

アルジェリアのテロのことが連日報道されている。
多くの人が理不尽に命をとられた・・・
そんなNEWSを横目に、ごく当たり前の日常生活を送っているわけだが
胸の中に、暗くて黒い小さな塊がふわふわ影を落として
やはり気持ちが沈む・・・
犠牲になった方たちを悼み、ひたすらに悲しい。


ファッションを生業にしているワタシは
このようなことが起こるたび、自分の仕事がいかに
平和を前提としているかを痛感するのだった。
テロの恐怖に晒されたり、内戦の只中にある人たちに
流行なんて関係ない。 

9.11以降は特にそう感じる。
2003年、イラク戦争の雲行きが怪しくなっていた頃
イタリアの街中のあちこちに
「 pace 」(平和 ) の旗が掲げられていた。
戦争反対のメッセージに心を揺さぶられる自分と
その一方で、PRADAのウインドウを食い入るように見ている自分のギャップを埋めるのは大変だった。

その後も世界情勢は常に不安定だ。
海外へ行くときは、いつもと違うスイッチを入れなくてはならないが
そのスイッチが年々重く、シリアスになっていく。

次の瞬間、何が起こっても不思議ではないという緊張感と
トレンドや、素敵なデザインを考えようとしている気持ちの
バランスをはかるのは、なかなか難しいのである。

世界情勢とファッションの持つ意味・・考え始めると
どうにもやりきれなくて、思考停止になりそうだ。
何もできないくせに憂いているばかりではいけないのだが・・・
ファッションは人を豊かに、ちょっと幸せに
ポジティブにできるものだと信じて
どうにか折り合いを付け、仕事に向かわなくてはいけない。



category: 未分類、いろいろ雑記

tb: 0   cm: 0

△top