FC2ブログ

デザイナーぱりおのBLOG日和

 日々の雑記と、ときどきPARIS

SARTOREのブーツ 

 

PARISでSARTORE のブーツを買いました

突然の雨に降られ、慌てて緊急避難で駆け込んだ
アウトレットのお店で偶然巡り会ったブーツです。


RIMG0408 (3)



SARTOREといえば、ジョッキブーツ。
「 世界で一番美しい 」と謳われるほどの
名品ですから、一度は足を入れてみたい!
メチャメチャ陽気なオーナーのムッシュに後押しされて
ワタシもノリノリで試着。

う~ん、とっても心地よいフィット感!
逃がすところと締まるところの
メリハリが気持ち良いフィット感です。

このモデルは麻と革のコンビなので
平均プライス10万円クラスのSARTOREの中では
比較的フレンドリー価格・・それでも 600€
それが何と! 半額の 300€ !
即、買い

IMG_1567[1] - コピー

ホテルに戻ってもう一度履いて、リッチな気分を満喫するワタシ。


ところで、このブーツの底付けは
グッドイヤーでもマッケイでもなくセメント製法です。

RIMG0410 (2)

底面にステッチが入っているのでマッケイと思ったのですが
HPにある工程の写真を確認しても、普通の釣り込みしているようにしか見えない・・・
で、仕事でお世話になっている靴メーカーさんに尋ねたら
セメントだって教えてくれました。ステッチは補強の意味合いで掛けているのですって。

氏・曰く・・「 セメントにしては袋のような木型の戻りがある。隙間無く貼られている底付けは芸術品です 」

底付け製法としては一番ポピュラーで安価なセメント式なのに
このクオリティーはすごい!とベテラン職人さんもビックリの完成度なのだそうです。
さすが・・SARTORE
シルエットの美しさ、底まわりの凛々しいまでの精巧な貼り具合。
飽きずにず~とウットリ愛でてしまう
良い買い物をしました~!


RIMG0210.jpg

↑ こちらが偶然駆け込んだアウトレット。
  マレ地区の Rue des Francs Bourgeois (フラン・ブルジョア通り) にあります。

 こちらもどうぞ。 
SARTOREブーツ分解中: 前編
SARTOREブーツ分解中: 後編
SARTORE買っちゃった・・
SARTOREブーツのお手入れと保管法

category: fashion

tb: 0   cm: 0

△top

PARISにカラスはいる? 

 

PARISを歩いていて、ふと気づいた。
そういえばカラスがいないな~
いるのかな? 見たことないなあ・・・いる?
カ~

↓ この写真はノートルダム寺院前広場の植え込みですが
  さて、スズメさんは何羽いるでしょう?
  観光客で大賑わいの場所で、
  人を怖がらず堂々と休憩中の彼らは
  天敵のカラスがいないから
  こんなにのんびりした性格になったのかしら・・と思ったり・・


127.jpg


もうひとつは、こちらのゴミ袋スタンド。

RIMG0178.jpg

景観としては決して美しくないけれど
なかなかシンプルで合理的なシステム。
食べ歩きながら残したひとかけのサンドウイッチとか
ベタベタに溶けたアイスとか・・お菓子の包みとか・・
いっぱい入っていそうですが
カラスにしてみれば、これは狙いにくいのかも!
袋の交換も、割合こまめにやっているのではないかしら。

エサをGETできないからPARISの街なかには いないのかもしれない。

気のせいかな!?

category: PARIS街歩きetc・・・

tb: 0   cm: 0

△top

Rue Saint-Dominique 

 

エッフェル塔がこんなに近い、 Rue Saint-Dominique ( サン・ドミニク通り )です。
夕暮れに歩くとムード満点だそうですが
今回は真昼のお散歩

RIMG0377.jpg

パン屋さん、お菓子屋さん、薬屋さん、おしゃれなブティックも・・・
普段着の商店街ですが清潔感のある通り。


RIMG0383.jpg

育ちの良さそうなワンコちゃんがいました 
ご主人様のショッピングが終わるまで
ちゃんと待っていますね 。えらいぞ


category: PARIS街歩きetc・・・

tb: 0   cm: 0

△top

パナシェを作ってみた 

 

3連休に1日足して本日もお休みのワタシ
といっても、掃除・洗濯・お片付け・・
もう汗だくです。
なんたって猛暑日。
蝉も鳴きはじめました
もう~暑い~


なので、パナシェを飲もう!
先日ご紹介したジュース 「檸檬のままで」 

美味しくない・・・と思ったものの、はちみつとソーダで割り
なんだかんだで飲み続けております。
案外、イケてます!

このジュース&ソーダ、そしてビール
混ぜれば 「 パナシェ 」の出来上がり!

RIMG0407 - コピー (2)

本当は氷は入れない方が良いのですが
あまりの暑さに欲してしまいました。

味は・・自己流だから、なんだかな~という仕上がりに・・
PARISのカフェで飲むと美味しいのにな~

でも喉越しサイコー!

category: 美味しいもの見つけた!

tb: 0   cm: 0

△top

SECCOと名を変えて 

 

はじめてPARISを訪れたのは・・
思わず遠い目になってしまうほど、かなり昔の話ですが
その初渡仏で、必ず行くぞ!と決めていたのが
Rue Saint-Dominique (サン・ドミニク通り) のすぐ脇道にあった
パン屋さん Poujauran (プージョラン)でした。

バゲットを裸のまま、ガサっとバッグに入れて
ちょっとひとくち齧りながら颯爽と歩くマダム

ワタシの中の、そんなコテコテのPARISイメージを目の当たりにしたのも
Poujauranの店前でした。


もうお店はやめてしまったそうです。
経営者は変わりましたが、同じ場所で SECCO という名前の
パン屋さんになったと聞いて 久しぶりに行ってみました。

RIMG0379.jpg

外観は殆どそのままですね~。
印象的なピンクとブルー

変わったのは・・あ~ 犬 ?!
犬の絵が前と違うかしら?・・こんなにリアルな感じではなかったなあ。

RIMG0380.jpg

お昼時で、ひっきりなしにお客さんが出入りしていました。
名前が変わっても、味が変わっても
地域のひとたちに愛されているようです。
めでたし、めでたし



category: PARIS街歩きetc・・・

tb: 0   cm: 0

△top