FC2ブログ

デザイナーぱりおのBLOG日和

 日々の雑記と、ときどきPARIS

Happy New Year ! 

 

あけましておめでとうございます。




RIMG0002 - コピー (2)



ファッション業界
2012年の注目カラーは イエロー です。

フレッシュで希望にあふれる色が選ばれたのは
何かと暗い話題が続く世界へのポジティヴな宣言でしょうか。


ファッションは人々に夢をお届けするもの。
そのためには、日々の暮らしが幸せでなくてはなりません。
平和でなくては成り立たない仕事です。
明るいイエローには、幸福へのメッセージが込められていると思います。


デザイナーぱりお、まだまだ、もっと、もっと
誠実に仕事をしなければ! と、心あらたに 

今年もよろしくお願い致します。




category: ごあいさつ

tb: 0   cm: 0

△top

la hune ラ・ユンヌで本を愛でる 

 

本屋さんが好きである。
特に目的がなくても、本の香りを嗅いでいるだけで良い。
時間の許す限り、いつまでも居座っていたいのだ。
当然ながら、それは異国の地でも同じ。


PARISでは、サンジェルマンにある la hune がお気に入り。
かの有名な2件の老舗カフェの間に位置する
こじんまりとしたお店です。


2階のスペースには、アートやファッションに関する本がたくさん

あまり大きくて厚いものは
持って帰るのが大変なので見るだけ・・・なのだが
とにかく、ひたすら
ステキな画集や写真集を立ち読みまくる(立ち見?)



RIMG0170 (2)


吹き抜けの空間
2階から眺めた店内風景



日曜日も開いている
静かで心地よい本屋さんです 



category: PARIS街歩きetc・・・

tb: 0   cm: 0

△top

水色のシトロエン 

 

下町情緒の漂うオベルカンフ。


RIMG0256.jpg


水色のシトロエンが止まっていました。
カッコイイ~なあ

RIMG0261.jpg

車のことは、あまり詳しくないですが
これは2CVといわれるシトロエンの代表的なモデルですね。

ワタシの勝手なイメージでは
PARISに似合うのは、まさにこの車なんです。
こちらの持ち主さんは
とても大切に乗っているのでしょう
へこんだり、傷ついたりしていなくてキレイ!

車内には、ガラクタのような・・アンティークのようなものが
無造作に積まれていました。
このあたりは、ブロカントがたくさんありますから
どこかの店のオーナーなのかしら?


category: PARIS街歩きetc・・・

tb: 0   cm: 0

△top

オベルカンフのブロカント 

 

オベルカンフのあたりは
いわゆる観光地ではありません。
ごく普通の生活感あふれる下町ですが・・・
ここ数年で、クリエーターのアトリエや、ブロカントのお店が増えて
ちょっと注目のエリアになっているとのこと。



ふらりとお散歩してみることにしました。


オベルカンフ通りを PARMENTIER (パルマンティエ)駅方面に歩き
ヌーヴ・ポパンクール通りを曲がると
その一帯がブロカントの密集地帯。


RIMG0260 (2)

Recycling
ガイドブックにも載っているお店ですね。
ウサギのマスコットが可愛い♪





RIMG0257 (2)





RIMG0258 (2)







RIMG0259 (2)

Pudding
こちらはお休みでした・・残念!


定休日や、営業時間、昼休みに注意して訪れてください。
それでも気ままなオーナーさんたちは
自由に休んじゃってます♪
なので・・・閉まっていても
そんなもんかな  と
素直にあきらめませう。

ブロカントって「出会い」ですね。
必死に探すのではなく
何となく、偶然ステキなものにめぐり合う・・そんな感じでネ


category: PARIS街歩きetc・・・

tb: 0   cm: 0

△top

repettoさんの被災地支援 

 

repetto はバレエ用品の老舗。
パリ・オペラ座のダンサーたちの御用達でもある
有名なブランドです。

その repetto が、東日本大震災の被災地支援として
シューズや、レオタード、タイツなどを
寄付するというNEWSを読みました。

1月28日~2月2日開催のオペラ座東京公演
「Love from Paris エトワール フランス・バレエのエレガンス」 の
日程にさきがけて行われる
チャリティーレッスンのために贈られるとのことです。

1月23日、仙台と石巻にダンサーが赴き、こどもたちに
直接レッスンするのだそうです。
こどもたち、どんなに喜ぶことでしょう




RIMG0091 - コピー

昨年5月のPARISでの一枚・・・
復興支援の限定モデルです。
踵のところに日本の国旗と、漢字で「絆」と書かれたデザイン

世界中のひとたちが
日本を案じて祈りを捧げてくれています。
でも、なかなか進まない復興対策。
原発問題。

ワタシに出来ることはなんだろうか・・・と
改めて思う今宵です・・・。


category: PARIS街歩きetc・・・

tb: 0   cm: 0

△top