FC2ブログ

デザイナーぱりおのBLOG日和

 日々の雑記と、ときどきPARIS

HERMÈSのドキュメンタリー映画 

 

HERMÈSのドキュメンタリー映画「ハート&クラフト」を観た。


RIMG0071.jpg

2010年の年末から今年の2月にかけて
フランス各地の工房に密着し
撮影した47分のドキュメンタリーフィルムだ。

控えめなカメラワークの向こうに
静かに、でも情熱をもって
素材と対話する職人たちの姿があった。


一枚の革を愛でるように吟味するひと
正確なストロークで型を切り出す裁断師
ひと針、ひと針、丁寧にバッグの縁を縫うひと
微妙な調合で染料の色を作るカラリスト
金属を美しく磨きあげるひと
気の遠くなるような細かいスカーフの柄を描くひと


RIMG0076.jpg



RIMG0074.jpg


様々な人種、年齢の職人たちが登場する。


技もさることながら
驚いたのは、彼らの豊かな言葉だ。
まるで詩人のように美しい表現で自分たちの仕事を語る。
その顔は、職人であることの誇りと幸福に満ちているのだった。


上映のあと、エルメス・ジャポン広報の方の話があったが
印象的だったのは

私たちは自分たちのことをブランド企業と言ったことがない。
「会社」という言葉も使わない。
では、何かと問われれば「ものつくりのメゾンです」という。

・・・と、おっしゃったこと。

「会社」とは実体のないもの。
それは、「ひと」がつくるものだ。・・・とも話された。

ひとを大切にする企業風土が、この歴史あるメゾンが存続し
進化している最大の理由なのかもしれない。

「ものをつくって、ひとに届ける」
ひたすらにシンプルな仕事一筋。
HERMÉSの職人の手は、こうして次の世代に継がれてゆく。



category: ART / CINEMA / BOOK

tb: 0   cm: 0

△top

エシレを買っておうちに帰ろう 

 

ひとりでPARIS滞在のとき
必ず持っていくものがある。
それは、バターナイフです。

美食家ではないので
評判のフレンチなど食べなくても全く平気なワタシは
とにかく美味しいパンとバターがあれば幸せ!

晩御飯は・・・ふらりと食べに行くこともあるけれど
ひとりなら、ほぼ
バゲットとバターとお惣菜を買って、ホテルの部屋でまったりコース
なので、バターナイフは必需品。
テレビ見ながらモグモグしつつ、日記をつけたり、明日の計画を練ったり・・
ワタシの「ひとりPARISの夜の過ごし方」。

これでいいのだ〜

で、バターですが・・・・
やっぱり、ÉCHIRÉですね。
もちろんスーパーには、たくさんの種類が並んでいて
安価なものもありますが
どうしたってエシレさんに手が伸びますわ

だって、日本では高級品なのですもの。
100gで819円
とても日常使いなんて出来しまへん。
PARISでは確か・・・2€もしなかったかなあ。(値上げしていますか?)




こちらは2009年に東京・丸の内にできた世界初のエシレ専門店です。

RIMG0050.jpg

ここでしか買えないサブレやケーキ、アイスなどがあるのですが
まだ食べたことがありません・・
確かに美味しそうです。
いつか買ってみたい。


RIMG0051.jpg

ウシさんを強調した店舗デザイン。
フレンチブルーのロゴが上品ですね

http://www.kataoka.com/echire-shop.html


category: 美味しいもの見つけた!

tb: 0   cm: 0

△top

雨上がりのイチョウ並木 

 

今朝、東京は冷え込みました・・・
都心では雨、ワタシの住んでいる、ちょっと田舎は初雪でした
ようやく寒さが本格的になってきたようです。


午後からは、すっきりと晴れてキレイな青空が


ここは青山・外苑前。
イチョウ並木です。


RIMG0011.jpg


冬の陽にきらきら光る黄金色の道を歩いてみました。


RIMG0016 (2)



雨にぬれたベンチ。



RIMG0017.jpg



あ~なんだか少しだけPARISにいる気分・・・
うっとりと、いい気持ちに浸りつつ進んで行くと



RIMG0018.jpg

B級グルメの屋台村。

うわ~ 興ざめ・・・
焼きそば・モツ煮・ジャガバター
美味しそうだけど!
PARIS気分、一気に吹き飛ぶなり






category: 未分類、いろいろ雑記

tb: 0   cm: 0

△top

空港の風景 

 

もしも、誰かに 「一番好きな場所はどこ?」・・と聞かれたら
迷わず「空港」と答えるだろう。
これから始まる旅への期待・・・そして、終わりの哀愁。

何かに出会いに、あるいは何かを捨てに・・


空港のざわめきの中には、
人々の様々な想いが漂っていて
たまらなくドラマチックなのだ。


少しの非日常が入り込んだ空間で
ワタシの興奮バロメーター数値はMAXになる。

それが異国の空港なら尚更だ。
ひとり、ポツンといるときの
孤独と解放感が混ざったような感覚はたまらない。



空港はスペシャルな場所なのである。


RIMG0026.jpg


RIMG0038.jpg


飛行機の発着を見るのも好きだ。
大きな機体が、ふわっと舞い上がる様子はカッコイイ・・


RIMG0041 - コピー



現実逃避願望なのかしら・・



こんな雑誌が出ると、つい買ってしまうのですねえ。

RIMG0024 (2)

行ったことのない空港の写真を眺めて
あれこれ妄想したりして。

早く、次の旅に出たいものだ



そういえば・・・最近はコレ↓ なくなりましたね。
爆睡していると貼ってくれるコレ。

RIMG0026 (2)


経費節減。
いいことですね。
でも、この気遣いは日本人らしい優しさがあって
嫌いじゃなかったけどなあ。
なんとも、ゆる~い飛行機のイラストが可愛いです。






category: 未分類、いろいろ雑記

tb: 0   cm: 0

△top

もうすぐクリスマス 

 

クリスマスシーズン真っ盛り。  
街が華やかでウキウキします

PARISのイルミネーションは、きっとステキだろうなあ・・
でも、東京だって頑張っていますよ。


RIMG0031 - コピー - コピー

ここ、丸の内界隈のイルミネーションは、シャンパンゴールド。

この色の光をつくるのは
とても難しいと聞いたことがあります。
優しくて、ちょっと控えめで・・エレガントな輝きです。




キャンドルの暖かい灯り

RIMG0049 - コピー - コピー




クールビューティな青い灯り


RIMG0027 - コピー



にぎやかな赤

RIMG0053 - コピー (2)



「灯り」って表情豊かですねえ・

クリスマスまで、あと少し。
たくさんの光に包まれた街を、ゆっくり歩いて
今だけの特別なシーズンを楽しまなくちゃ





category: 未分類、いろいろ雑記

tb: 0   cm: 0

△top